メンバー紹介 -ミライロとオリエンタルコンサルタンツのスタッフ紹介-

「あしたのユニバーサルデザイン」に関わっているメンバーをご紹介します。

  • ミライロはバリアバリューという理念を掲げています。障害(バリア)を取り除くだけでなく価値(バリュー)とする捉え方です。障害のある当事者の視点を通し、社会に埋もれる潜在的かつ普遍的な問題を発見し、多様な個性のある人々が利用しやすいサービスや環境、製品の在り方を提案します。具体的な事業内容は、大きく分けて3つあり、施設や製品における問題を物理的に解決するハード面の取り組み、障害に対する正しい理解とサポートの知識を伝えるソフト面の取り組み、マニュアルやガイドライン制作を通した情報発信面の取り組みを行っております。

  • 当社は、社会インフラ、まちづくり全般にに関わる様々なプロジェクトの上流(企画・調査・設計)から下流(実施・運営・保全)まで、総合的な知的サービスを提供するコンサルタントです。 UDまちづくりについても数多くの実績・知見を有しており、総合コンサルタントとしての強みを活かしたハード・ソフト両面からの提案や、観光や防災の視点を取り入れたUDなど、幅広い分野において誰にでも優しい安全で豊かな暮らしの実現をサポートします。

    • 観光・地域活性化担当

      外国人旅行者の受入環境整備やユニバーサルツーリズムの促進、言語バリアフリー化などを中心に、観光とUD/BFの視点から地域の活性化に取り組んでいます。

    • 防災担当

      地域防災に関する技術、知見・ノウハウを活かして、避難計画や地域防災計画の策定、リスクマネジメントなどのあらゆる面から、「災害に強いまちづくり」に取り組んでいます。

    • まちづくり担当

      公共交通や道路のバリアフリー化、高齢者や子育て世代への支援メニュー検討、ユニバーサルデザインに関する自治体の計画策定などを通して、「誰にでも優しいまちづくり」に取り組んでいます。