交通事業者を対象としたバリアフリー研修プログラム

2015.6.1 |

01

今後ますます高齢者が増加する中で、高齢者や障害者がまちに出て、外出する機会が増えていきます。その移動や外出において、公共交通は、貴重な移動手段の一つです。

駅やバス停、車両等のハード整備は進んできていますが、高齢者や障害者が円滑に公共交通機関を利用するためには、駅係員、バス運転手等の、『接遇・介助』が重要です。

そこで、私たちは、鉄道・バス事業者を対象に、障害当事者および専門家が講師となって高齢者や障害者への 『接遇・介助』の基本を習得する研修プログラムを企画・開催しています。

※バリアフリー法および基本方針において、障害当事者参加型の研 修実施が交通事業者の努力義務として定められ、推奨されています。

 

02 03

講義を通じたコミュニケーション       グループディスカッション

 

研修のポイント

  • 障害当事者、専門家による「講義」
  • 実際の駅やバスを用いた「実技演習」
  • 「グループディスカッション」を通じた意見交換

04