うきは市での観光教育プログラムの取組みについて

2016.1.19 | 観光

こんにちは。オリエンタルコンサルタンツの山﨑です。

今回は、弊社で11月から取り組んでいる、福岡県うきは市での観光教育プログラムについてご紹介します。

私たちは、現在、うきは市の吉井小学校を対象に観光教育を実施しています。11月から2月までの約3か月間をかけて、総合学習の時間を活用し、小学生の目線での観光ルートマップを作成することを目標に、座学による観光教育、うきは市観光アプリを活用しながらのまち歩きを経て、来月には完成したマップの発表会を行います。

観光マップを作成するにあたり、「子どもたち目線」で地域の魅力を再発見するという気持ちを大切に、マップ作りに取り組んでいただいています。先日行った中間発表では、「スカスカの自動販売機」や「花火のガチャガチャ」など、子どもたちならではのおすすめスポットがたくさん提案されており、大人目線ではなかなか気付かないけれど、とても魅力的な観光資源が身近にあることに改めて気付かされました。

また、観光教育を通し、子どもたち目線だけでなく、お年寄り目線、外国人目線など、様々な目線で見つめ直すことで、新たな視点での観光資源が再発見できると同時に、「街を楽しんでもらうにはどうしたらいいのか」という気持ちが、観光におけるユニバーサルデザインに繋がっていくのだと、私自身学ぶことができました。

最終成果のマップについては、優秀作品をアプリに掲載する予定です。

ぜひ、子どもたちの作った観光マップを見てください!※掲載は3月中旬を予定しております。

 

うきは市観光アプリ「おさんぽうきは」(iPhone・iPad版のみ)

https://itunes.apple.com/jp/app/ukihasanpo/id1024400120?mt=8

うきは市うきは市2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>