ヨーロッパ環境首都賞について

2015.12.17 | 暮らし

こんにちは。

オリエンタルコンサルタンツの石川明菜です。

先日、社内の勉強会に出席し、そこで知った、ヨーロッパ環境首都賞についてご紹介します。

ヨーロッパの都市では、都市を再生し魅力を発揮し、定住率を高めるために、都市に関する賞を受賞し、そこで得た賞金等をまた都市の魅力向上のための投資にまわす仕組みがあるそうです。

ヨーロッパ環境首都賞もその一つで、例えば、デンマークの首都コペンハーゲンは、環境配慮に長けた企業を誘致したり、自転車通勤に対する目標値を設定し、自転車道等を積極的に整備するなどして、二酸化炭素排出量削減に取り組み、2014年に同賞を受賞しました。

ちなみに、コペンハーゲン市民の自転車通勤・通学率は2010年で35%、2015年までに50%をめざすとのこと。東京では考えられないほど高いですよね。

都市の魅力を高めることが、その後の都市づくりの投資の原資になるという、スパイラルアップを生む仕組みが何とも素敵だな、と思いご紹介させていただきました。

日本はじめアジアでは、まだまだそのような仕組みが整っていない状況ですが、環境対策然り、ユニバーサルデザイン然り、世界中で、住みよいあしたのまちづくりが進んでいくことを願っています。

 

ヨーロッパ環境首都賞 公式サイトhttp://ec.europa.eu/environment/europeangreencapital/index.html

コペンハーゲン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>