私たちの考える『UDまちづくり』

2016.1.6 | ブログ・コラム

オリエンタルコンサルタンツの佐藤です。
新年明けましておめでとうございます。本年も何卒よろしくお願いします。

早速ですが、今回はミライロさんと当社で進めている「UDまちづくり」全般について紹介したいと思います。

当WEBサイトやブログでも個別にふれていますが、私たちはUDまちづくりを「UD×観光」、「UD×防災」、「UD×暮らし」、「UD×情報」、「UD×人材育成」の5つの視点から進めています。
(詳しくは、各ページや記事をご覧ください)

今年は4月に「障害者差別解消法」の施行をひかえ、上記5つの視点や「まち」にかかわるあらゆる分野、シーンにおいて、UDの考え方がより一層求められる始まりの1年になるのではと思います。

「UDまちづくりに取り組もう!」と考え、自分たちのまちを見渡せば課題が山積み。予算やリソースも限られるなか、何から手をつけてよいものか分からなくなってしまうかもしれません。

そこで思考停止せず、「できることから」、「少しずつでも」、「前に進めていく」ことが大切です。
ハードルを上げすぎず、取り組みを開始する。少しずつ改善させ、スパイラルアップさせていく。その積み重ねがUDに配慮された誰もが安心、安全、快適に暮らせるまちづくりにつながります。

今年はこれまで以上に、ミライロさん、私たちの持つ経験、ノウハウを活かし、ソフト・ハード両面から、全国のUDまちづくりのお手伝いをしていきたいと考えています。

そんな私たちの考えるUDまちづくりについて、1月3日の東京新聞に、ミライロ垣内社長と当社社長の野崎の対談記事を見開きで掲載いただきました。

よろしければ、ぜひご覧ください!

パンフ(表紙+裏表紙)掲載記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>